about

doki dokiが大切にする10のルール

TEN IMPORTANT RULES

1:人とのつながりを大切にする。

MORE

私は今まで多くの人に支えられて、ここまで生きてきました。
私一人では生きていけない自信があります。
ですから、人との繋がりを何より大切にしたいと考えています。
問題解決には、多くの人の助け合いが必要です。
人に感謝をする気持ちを持ち続け、取り組んでいます。

2:魅力的なアイディアを大切にする。

MORE

ドキドキするものは、ひょんなところにあります。
それを大きく育てていくかは自分次第です。
私は自分のアイディアを常に魅力的なものと捉え、
それを大切にしていきます。

3:想像力を掻立てる。

MORE

問題解決には色々な立場になって物事を考えることが大切です。
老若男女、国籍を問わず演じ分ける役者でありたいと考えます。
誰かの気持ちになって考えることが、最善な解決策に繋がり、
ドキドキを与えることに繋がります。

4:行動する。

MORE

私は、実際に足を使って、行動に起こすことを大切にします。
何もしないことこそ最大の失敗であると考えているからです。

5:直感を大切にする。

MORE

物事を理論立てて考えることは、とても大切ですが、
それだけでは面白いモノはできません。
私は自分の直感に素直でありたいと考えます。

6:目的を常に見失わない。

MORE

私の仕事は、ただ単にオシャレなロゴを作ることでも、
可愛いパッケージを作ることでもありません。
デザインはあくまで手段です。
その先にある問題解決に常に目を向け、考え続けます。
そしてベストな手段に付随してデザインがあるべきと考えます。

7:社会全体を見渡す広い視野を持つ。

MORE

デザインをする時ついついそのモノだけを見てしまいがちです。
しかし、その先にある受け手に届くまでのプロセスを、
より丁寧に考える広い視野こそ大切だと考えます。
それは、多くの受け手に届くことにつながり、
多くのドキドキや喜びに繋がります。

8:自分のデザインに常に責任を持つ。

MORE

それはどんなに小さなモノでも自分の子供のような存在です。
何度も検討を繰り返し、デザインのクオリティを高めると共に、
社会に貢献できるモノでなくてはならないと考えます。

9:知ることに貪欲になる。

MORE

1つのデザインを考える時、10,100,1000の知識が必要になります。
それはこの仕事の面白いところでもあります。
新たな知識はまた別の思いがけないドキドキを生むこともあります。
知識は目には見えませんが、一番の財産であると考え、大切にします。

10:自己の能力を高め続ける。

MORE

色々なものに日々出会う中で、それを吸収し、
成長できる余地がまだまだ沢山あると考えています。
また、今後仲間が増えていってもお互いを高め合っていける。
そんな存在を目指します。

自己紹介

SELF INTRODUCTION

Haruka Kaneshige

Haruka Kaneshige / Designer

兼重 遥

-北海道札幌市生まれ
2010文化服装学院 アパレルデザイン科卒業
2010インポートセレクトショップに勤務
2012VMDデザイン事務所にて、秘書業務・事務業務・デザインアシスタント業務を経験
2015東京デザインプレックス研究所でグラフィックデザインを学ぶ
2016.2「doki doki DESIGN&PRODUCE」として独立。新規事業のブランディングを中心にデザイン業務を行っている。
主な受賞暦・資格アドビシステムズ株式会社主催「クリエイティブジャムズ 2016」 グラフィック部門 グランプリ受賞
Illustratorクリエイター能力認定 エキスパート保有